院内設備

歯科用CT&パノラマ・セファロレントゲン

院内に歯科用のCTを設置してあります。今までのレントゲン撮影では従来見えなかった部分が、はっきりと見えることになることで患者さまには、より安全安心かつ的確な治療を行える事が可能となります。
特にインプラント治療や親知らずの抜歯など外科的治療を安全に行う為には、このCT撮影による画像診断が不可欠と考えております。

デジタル デンタルレントゲン

レントゲンは全てデジタル式にする事で、従来のレントゲンよりもかなりX線量を抑える事ができるので、安心して検査を受けて頂けます。


麻酔注射時の痛みを和らげる器材と対策

表面麻酔薬
(麻酔注射時の痛みを和らげる塗り薬)

麻酔薬を温める機材

コンピューター制御の麻酔注射器

麻酔注射前には痛みを少なくするよう表面麻酔薬を注射部位に塗ります。
使用する麻酔薬を体温に近い状態に温める事で痛みを軽減するので麻酔薬を機材で温めてから使用しています。
注射速度をコンピューター制御で自動的にコントロールしてくれる注射器を使用しています。
また、注射針をかなり細いものを使用する事で、注入時の痛み、ストレスも軽減されることと思います。

虫歯診断装置 ダイアグノデント
(レーザー機器)

従来の探針といわれる器材での診査を行う場合、精密な診査には限界があります。また歯面を破壊し、再石灰化を妨げる可能性もあります。
この機材を使用するとレーザー光線が極小の到達経路を通って反射するため、小さな溝でも正確な測定が可能です。
もちろん歯面は痛めません。